意味あるものかどうかは自分次第!自主性を身に付けよう!

スポンサーリンク


「勉強なんて意味がない」
「バイトなんて時間のムダ」

そういった風に思ったことがある人は多いのではないでしょうか?
そういう僕も昔はそういう風に思っていました。
勉強必死で頑張っても仕事に活きることなんてないし、
バイトするくらいなら遊んだ方がましだと考えていました。

でも、この考え方ってすごいもったいないと思うんですよ。
だって、勉強するとき、バイトするとき何も考えなくなります。
そして、目の前の物事から学ぼうとしないんですね。

物事が意味あるものになるか、
意味のないものになるかは、
物事自体ではなく、物事に対する自分の取り組み方が決めると思うんです。

今日は、
自主性を持って物事に取り組もう!
そんな内容を書いていきます。

 

意味のないことなんてない

そもそも意味のないことなんてあるのでしょうか?
僕はないと思っています。

コンビニのレジにしろ、居酒屋のキッチンにしろ
学べることは絶対あると思いますよ。
接客や料理を通じて
笑顔の作り方や計画の立て方など日常生活でも活かせることを学べるのではないでしょうか。

ただお金のためだけに、何も考えず仕事をこなすのではなく
自分で意味づけして学ぶようにしましょう。

そうすれば有意義な時間になるはずです。

考え方次第で何事も学習できる

考え方しだいでどんなことからも学習できます。
自分で意味付けをしましょう。

目標を立てたり、自分が関心のあることに関連付けて学ぼうとするのが良いと思います。

例えば、
僕は大学の研究室で視覚の研究をやっていたのですが、
初めは仕事に直結しないし意味ないなってずっと思っていました。

でもそう思いながら研究に取り組んでいると、
その研究から何も学ぶうとしないし、
実際何も得るものがなかったんですよね。

僕はなるべく時間を有意義に使いたいと思っていたので、
心を入れ替えて研究を意味あるものにするために
自分で目標なり意味付けを行うようにしました。

カメラで写真を撮るのが好きなので、
視覚の研究をカメラの仕組みと絡めて、
研究のモチベーションを上げようとしました。
また、視覚は脳とも深く関わっているので
今話題のAIや機械学習と関係させて勉強するようにしていました。

もちろん直接関係あるわけではないのですが、
こうやって自分で意味づけして勉強するようにすると
意味がないと思っていたことも意味があることのように思えてきます。

自分の取り組み方次第で変わるんですね。

 

自主性を持って物事に取り組もう!

同じような経験がみなさんにもあると思います。

もちろん、物事には質があるので
質が高いことを優先的にやっていくべきでしょう。
しかし、嫌でもやらなければならないこと、楽しくないけどやるべきことなどは
上に書いたような姿勢で取り組むことでその時間を有意義に使えるようになるのではと思っています。

どんなことに対してもこういった姿勢で取り組むように意識してみてくださいね。

 

 

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*