非日常よりも日常を充実させるほうが人生は楽しくなる

スポンサーリンク


こんにちは。ふみです。

僕は海外旅行が好きです。
日本での日常生活では味わえない雰囲気を海外では楽しむことができます。
呼吸が荒くなるくらい、まるで冒険映画の世界に入り込んだかのような、自分がその映画の主人公で新しい場所を開拓しているかのような毎日。歩くのはいつも早足。
つまり、海外は非日常なんです。

他にも忘年会もごくまれにしかやらないという観点でいえば、非日常の1つだと考えられます。
仕事の愚痴を話したりするのは、普通に楽しいですもんね。

感情は吐き出さないとたまります。そして、脳みそが〝圧迫〝され強いストレスとなって自分を襲ってきます。
なので、特にマイナスの感情に関して吐き出すことを悪いとは思いません。

そう、基本的に楽しんですよ非日常は。
特に海外を旅するバックパッカーの人なんて、毎日宿で別の国の人に会い、見たことのない食べ物を食べ、新しい場所に行きますもんね。
そりゃ楽しいですよ。

けど、それを生きがいにするのは違うなと思うようになりました。
非日常だけを楽しみにして、日常に楽しさを見出せないのは違う。
非日常よりも日常を充実させるほうが人生は楽しくなります。

それでは、なぜ楽しくなるのか、以下で説明していきます。

 

日常の不満を非日常で発散することがなくなる

「仕事つまらないから土日だけが楽しみだよ」
なんてフレーズよく聞きますよね。
毎日の仕事が楽しくないから、土日で発散しようということでしょうね。

ここで伝えたいことはシンプル。
毎日の不満を解消するために何かをするなんて虚しくないですか?
ということです。
なので、非日常で発散しないようにするには日常に不満をなくすことが大前提なんです。

日常の不満をなくすために、今の自分に何ができるのか常に問い続ける必要がありますね。

 

お金の使い方が変わる

お金持ちのお金の使い方を知っていますか?
とあるデータによると
1位健康、2位自己投資、3位見た目だそうです。
お金持ちは、非日常にお金を使いすぎることの意味のなさを知ってるのかもしれません。

僕もこの習慣だけはお金持ちの真似をしようと思って、それまでは飲み会、服、遊びなど消費的なものに対してお金を使っていたんですが、優先度を変えサプリや本などの長期的で生産につながることにお金を使うようにしました。
たしかに、以前にも増して毎日が充実していると心の奥底から感じます。

あくまで想像ですけど、高級車・豪邸とかって買った瞬間は満足するし、人よりも良いものを持っているということで承認欲求は満たされると思うんですが、長期的な幸福度を高めるものではないと思うんですよね。

つまり、日常のクオリティを上げるのにお金を使うようになるということですね。

 

日常のささいなことから学ぼうとする姿勢が育つ

芸人のトークを見たとき、「面白いな」だけで終わったりしていませんか。
海外に行って歴史の話をしたとき、「勉強になった」だけで終わっていませんか。
こういった目の前のことから何か学びとってやろうという姿勢が大切です。

例えば、テレビを見るとき。
僕はテレビを見るときしょーもないなと思いながら見てたんですが、バラエティ番組を見るときになんでこれが面白いのか、この人の説明はなんで分かりやすいのかと考えながら見るようになりました。
みんな大好き池上彰さんが紹介するニュースなんてネットで見れるのにとか思って全く見てなかったんですが、目の前のことから学ぶ姿勢を持つことで池上さんのは話の構成などを分析するようになりました。

つまり、自分の取り組む姿勢1つで意味のあるものかどうかは変わるんです。

日常の質を上げよう

というわけで、非日常よりも日常を充実させようというのが僕の考えです。

海外にいたとき、とある長期旅行者の方とお話ししたことがあります。その人は、ずっと海外にいるので刺激がなくなったと言っていました。
実は長期旅行者の多くは、同じことを言っています。
非日常が連続すると、それが当たり前の日常に変わってしまうんだと思います。そして刺激がなくなって、あまり面白みを感じられなくなってしまう。

なので、結局は毎日の当たり前に起こることを、自分にとって質の高いものにすることが大事なんだと、感じました。

日常の質を上げれば、毎日の幸福度が上がり仕事もプライベートもより楽しめるようになるでしょう。ありきたりの日常がとても充実してるなんて、最高以外の何でもありませんね。
絶対的に習慣化したい思考の一つです。

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*