【レビュー】グレゴリーのリュック「スケッチ」が超おすすめ!

スポンサーリンク


 グレゴリーのリュック「スケッチ」が超おすすめ!

約1年間使っている僕の相方「グレゴリー バックパック スケッチ」。

スケッチ25、スケッチ22などがあり数字が容量を表します。

メインは通勤や通学ですが、アウトドアでも使えるリュックです。

 

 

グレゴリーのスケッチを買う前は、Nixonの「バックパック Smith Skatepack」を使っていました。

が、グレゴリーのスケッチの方がかなり使いやすい。

値段は少し高くなりますが、グレゴリーのスケッチに変えてよかったと思っています。

 

今回は、僕がグレゴリーのスケッチをおすすめする理由を書きたいと思います。レビュー記事です。

グレゴリーのリュック「スケッチ」は驚くほど使いやすい!

 

 

グレゴリーのスケッチのすごさは、その使いやすさにあります。

 

背負い心地が最高

 

グレゴリーのスケッチの特徴はなんといってもこれ。背中に吸い付くようなフィット感が最高です。

肩にピッタリフィットして、荷物の重さを感じさせません。

肩掛けの部分がとても頑丈な作りになっています。

 

 

僕はスケッチ25を使っていて、けっこう容量の大きいリュックにも関わらず、肩に疲労が溜まりません。

「もう少しコンパクトなリュックが良い」という方は、一回り小さいスケッチ22がいいと思います。

 

6つの収納スペースで出し入れが簡単

収納スペースはリュックの表に3箇所、横に2箇所、裏に1箇所あります。

 

gregory2 gregory1

 

表の1箇所がメインの収納スペース、裏の収納スペースがPC入れになっています。

メインの収納スペースはこれでもかというくらい荷物が収納可。

普段の日常生活で使うものなら、ここに全部すっぽり。

 

裏のPCスペースは、MacBookの15インチでも入ります。

 

残りの4箇所は小物入れなので、すぐに取り出したいモノを入れるのがとても便利。

荷物が多くなりがちな人にとっては、最高のリュックです。

 

カラーバリエーションが豊富

グレゴリーのリュックはカラーバリエーションが豊富です。

他の服との合わせやすさを考えるのであれば、黒やネイビーが定番でしょう。

 

 

全部で8カラーものカラーバリエーションがあります。

単色なので、どのカラーにしても使いやすいと思いますよ。

 

※おまけ:グレゴリーのリュックの種類

 

 

グレゴリーのリュックは種類がたくさんあります。

スケッチ、パトス、カジュアルデイ、ハードコアなど。

 

日常使いで、容量も適度なものを考えるとスケッチとパトスがおすすめです。

小さすぎず大きすぎないので、日常で使うのに最適です。

これより小さいと荷物が入らなかったり、大きいと荷物が重くなると思います。

 

グレゴリーのリュックを安く買う方法

グレゴリー(gregory)はアメリカの会社。

なので、生産国であるアメリカで買うのが最も安い。でも、あまり現実的ではない。

 

一番良いのは、Amazonか楽天市場で購入すること。

もしくはアウトドアショップの好日山荘などに行って買うことでしょう。

僕は、好日山荘に行って実物を確かめてから、安く売っていたAmazonで買いました。

 

●「スケッチ25」は16,340円

●「スケッチ22」は15,120円

●「パトス」は16,200円

 

くらいの価格で購入可能です。

 

 

リュックはグレゴリーのスケッチが超おすすめ!

「かっこいいリュックがほしいな。」

と思っている人にグレゴリー(gregory)のスケッチが超おすすめ。

フィッティングに強くこだわっているので、グレゴリーのリュックは背負いやすくとても使いやすい。

 

 

普段の日常生活でその快適さを実感することができるでしょう。

「ちょっと高い」と思う人もいるかもしれませんが、安いリュックを買って使い捨てるよりはましだと思います。

 

グレゴリーのスケッチを買っちゃいましょう!

 

他の人と被ったことは一度もありません。

どうせ買うなら、使いやすいモノ、長く使えるモノ、いいモノを使いたいですよね!

僕は当分グレゴリーのリュックで生活できそうです。

 

 

リュックに似合うロンTをお探しの方はこちら。

>ユナイテッドアスレのロンTがコスパ最強!絶対使うべし!

 

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*