ダイエットしたいなら有酸素運動より筋トレがおすすめ!

スポンサーリンク


こんにちは。筋トレ大好きマッチョマンのふみです。

痩せたいけど痩せれない。
ランニングを始めたけれど、全然痩せれない。
そんな方は多いですよね。
そもそもどうやったら痩せられるのか分からないという方もいるはず。

たしかに、痩せるのは難しいと思います。
かくいう僕も昔は少し太っていたので、痩せられない人の気持ちはとても分かります。

でも、やり方さえ知っていれば痩せるのはそんなに難しいことではないんです。
筋トレを始めてから気づきました。

そもそもの間違いは、大半の人が有酸素運動で痩せようとしていることです。
例えば、ランニングは有酸素運動ですよね。
断言しておきますが、有酸素運動では痩せません。
かりに痩せたとしても、すぐ元の体型に戻ります。

では、何をすればいいのか?


筋トレです。
筋トレをしたら必ず痩せます。
そして、その痩せた体が永久的に続きます。

本当に筋トレおすすです。

 

有酸素運動は痩せない

有酸素運動は痩せることができません。
ダイエットしようと思った人が真っ先に思いつくのはランニングだと思いますが、絶対やめてください。

 

有酸素運動は脂肪を落としにくい

有酸素運動では脂肪が落ちません。
1kgの脂肪を落とすのに7200kcal消費する必要があり、この7200kcalというのはフルマラソン3回分に相当します。
フルマラソン3回分って効率悪すぎませんか。。。

なので、ダイエットしたいなら有酸素運動をするのはやめてください。

 

筋肉が減る

有酸素運動をすると筋肉が減ります。
糖質が減ったとき、代わりに筋肉がエネルギーとして使われるからです。

筋肉が減るともちろん体重も減るので、痩せるからいいじゃん!と思う方もいるかもしれません。
しかし、筋肉が減るとその分代謝が悪くなります。
そして、代謝が悪くなると脂肪が燃えにくくなるので、長期的に見るとダイエットにはよくありません。

筋肉を減らして痩せようなんて考えは絶対やめてくださいね!

 

筋トレは太らない体を作る

筋トレをすると長期的に太りにくい体を作れます。

ちなみに僕は一生太らない自信があります。
これは筋トレをしている人ならみんな分かるはず。

 

筋肉量が多いと脂肪がつきにくい

筋肉量が多いとその分代謝が良くなるので、エネルギー消費量が増えます。
エネルギー消費量が増えると、たくさん食べても燃焼されるので脂肪になりにくい。
つまり、筋肉量が多いと脂肪がつきにくいんですね。

そこまでマッチョにならなくても、半年くらい筋トレをやって筋肉量を増やすだけで全然変わりますよ。

 

筋トレをすると食事に気を使うようになる

毎日の食べるものが変わります。
その食べ物がタンパク質が多いのか、脂質が少ないのか。
美味しさよりも栄養を気にするようになります。
だから、太りやすい食べ物をあまり取らなくなるんですね。
僕はらーめんや唐揚げばかり食べてたんですが、全然食べなくなりました。

一方で、食事管理なんてできない!という方もいらっしゃると思います。
そういう方も安心してください。
筋トレをして筋肉量を増やせば、少々食べても太らないです。

 筋トレに対するイメージを変えたい

筋トレってマッチョになりたい人だけがやるみたいなイメージだと思います。
でも、ダイエット目的でも筋トレをする人が増えてもいいはずです。
そして、筋トレがダイエットに効果的だと知らない人が意外と多いので、今回はこのような記事を書きました。

ダイエットに悩んでいる人のお役に立てればとてもうれしいです。

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*