こんまり流(近藤麻理恵さん)の片付けを実践してみた!前編

スポンサーリンク


こんにちは!
ミニマリスト、ノームコア、、、
最近よくこんな言葉聞くんではないでしょうか?

言葉の意味を調べてみました。
ミニマリスト・・・必要最低限の物で生きる人たちのこと
ノームコア・・・シンプルかつ飾らないラフなスタイル。最近はファッションで使われること多い
要はモノを持たずにシンプルに生きようということみたいです。

ミニマリストとはいかないまでも モノは出来るだけ減らして暮らしたいですよね。
そんな思いを抱いていたある日、 この本に出会いました。

僕は全然知らなかったのですが、
著者のこんまりさんは アメリカ『TIME』誌の『世界で最も影響力のある100人』に選ばれています。
他に日本人で選ばれたのは、村上春樹さんでしたw
そんな凄い方の本なら読んでみたい!と思い、 Kindleで即買いしました。
この記事では前編と称して こんまりさんの片付けノウハウをまとめていきます!

こんまり流片付けの基本

・初めに捨てるを終わらせてから、一気に短期に完璧に片付ける
・片付けでやるべきことは主に2つ。モノを捨てるかどうか見極めることとモノの定位置を決めること
・場所別部屋別に片付けるは間違いで、モノ別に片付ける。
・触ってときめくものだけを残す
基本はこれだけ。

片付けは定期的にやるものだと思っていませんでしたか?
こんまり流では、片付けは1回で終わらせるもの。
人生で1回本気で片付けをやるだけでいいんです!

 

こんまり流片付けのテクニック

モノ別に一箇所に集めてつみあげる

収納から1つ残らず出して1箇所に集めて積み上げる。
一箇所に集めるのはどれくらいの量持ってるかを把握するため。

捨てる順番

衣類、本類、書類、小物類、思い出品。
この順番で捨てるのは、徐々に判断力を上げていくため。
いきなり思い出品に手を出しても捨てられないですからね笑

収納について

すべてのモノの定位置を一つ残らず決める。
同じカテゴリーのものは1箇所に収納する。
モノの収納は捨てるのと同じ。衣類、本類、、、の順でやっていく。
他にも細かいテクニックはあるので 本でチェックしてみてください

 

こんまり流片付けでスッキリしよう!

衣食住の「衣」と「食」は考えますが 「住」は意外と考えることが少ないのではないでしょうか?
片付けのテクニックについて こんなにも分析された本は他にないでしょう。
後編では実践してみてどうなったか記事にします。 読んで下さってありがとうございました。

他にもこんな本あります↓

 

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*