就活生は絶対読むべし!大学生にオススメ「ロジカルシンキング」の本を紹介します。

スポンサーリンク


仕事をする上で必要なスキルはたくさんありますが、
たくさんあるスキルの中でも特に大切なのが
ロジカルシンキングでしょう。

ビジネスマンに限らず、
就活生にもロジカルシンキングのスキルは問われます。
面接でいくらすごい話をしたとしても、
分かりやすく面接官に説明できないと相手は理解してくれません。

その分かりやすく説明するために必要なスキルが
ロジカルシンキングです。

ロジカルシンキングを身につけるのにオススメの本があるので、今日はそれらを紹介します。
就活生はこれを読むだけで面接の通過率が変わると思いますよ!

 

 

仮説思考

 

BCG(ボストン・コンサルティング)出身の著者が書いた本。
BCGは世界でも有数のコンサルタントファームです。

ロジカルシンキングの1つ、仮説思考について、
著者の体験談を元に書いてくれています。

普段から自分なりの仮説をもって仕事に望むことの大切さが分かります。

就活では、企業分析がより深くできるようになると思います。
面接の逆質問で、自分の仮説を面接官にぶつけて、
企業理解を深めてくださいね。

 

世界一やさしい問題解決の授業

 

とても読みやすく問題解決の思考法について書いている本。
問題の内容は身近なテーマを扱っています。
集客の場面、目標達成を考える場面など様々な状況でこの思考を使うことができるでしょう。

ロジカルシンキングを学び初めの人は、一番最初にこの本を読むべきです。
つまり、まず就活生はこの本を読んでください。
ロジカルシンキングをあまり出来ないと思うので。

 

論理トレーニング101題

 

理論ではなく実践でロジカルシンキングを学べる本。

ロジカルシンキングを用いて解く問題が載っています。

ロジカルシンキングの理論を3冊ほど抑えて、この本をやるのがいいかと思います。
就活の選考でときどきある思考力テストなどは、この本に載っている問題と似た問題が出題されることがあります。
就活生は時間があまりないと思うので、全部をやる必要はありません。
大事だと思う問題をピックアップして、何問か解いてみましょう。
それだけでも全然違います。

 

考える技術・書く技術

 

はい、ロジカルシンキングの定番中の定番の本。
僕もこの本は読み込みました。
ピラミッド構造、演繹法、帰納法などの知識は必須です。

章に分かれているので、前半の章だけ読めば就活の面接においては十分です。
もっとロジカルシンキングを深くやりたいという人は、後半も読んでください。
僕もこれから後半を読もうと思っています。

 

ロジカル・プレゼンテーション

 

ロジカルシンキングがある程度出来るようになったら読むべき本。
内容は、実際のビジネスシーンを扱っています。

ケーススタディとしては良いかもしれませんが、
ロジカルシンキングがどういったものかを知りたい人は読んでも難しいだけ。
就活生で余裕のある人は読んでみてくださいね。

 

ロジカルシンキングは誰でも身に付けられる!

以上5冊の本を紹介させていただきました!
ロジカルシンキングはスキルなので、センスとか全く関係ありません。
そう、誰でも身に付けられます。

大半の就活生は、ロジカルシンキングの勉強をしないまま就活に臨むので、
本を読むだけで差がつきます。

今日はこのへんで、ではでは!

 

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*