【定番の観光地に飽きた人向け】ミャンマー旅は田舎町パアンがおすすめですよ

スポンサーリンク


この間の休みでミャンマーに行ってきました。
ミャンマー行こうと決めたときは全く知らなかったんですよね。

ミャンマーといえば、ヤンゴンとバガンとインレー湖が定番の観光地。
みんなが行くところだけを観光してもなーって思っていました。

が、少し調べてみるとパアンという町があることを発見。
パアンは小さな町で、ヤンゴンとバガンに比べるとかなり田舎です。

実際に行ってみると、ミャンマーで一番楽しく観光できた町でした。

地球の歩き方には載っていないので、人とは違うミャンマー観光ができますよ。

パアンはミャンマー東部にある

タイの近くにあるカレン州の州都がパアン になります。
発音はアにアクセントで、パンです。

タイとの国境の町ミャワディからバスで3時間半、ヤンゴンから6時間で行くことができます。

 

パアンの宿でツアーを手配

パアンで泊まったのはThan Lwin Pharという宿。1泊7000チャット(560円)、安すぎか!
Than Lwin Pharでツアーを手配できます。ツアー代も安くて5000チャット(400円)。

 

パアンHpa Anの絶景たち

ここからはパアンを写真とともに紹介していきます。

Kaw Ka Thaung Cave

洞窟寺院です。名前の通り洞窟の中にお寺があるんです!

洞窟の入り口付近にはお坊さんがたくさんいて、観光客を出迎えてくれます。
あまりに人数が多いので、数人でよくないかと思ってしまう、、

 

 

 

 

 

 

 

そして、洞窟内に入ると同じように仏像がいます。

 

 

 

 

 

 

 

なんで洞窟の中に寺を作ったんだろう、、、と考えながら歩いていると、あっという間に見終わりました。

Sadan Cave

一番記憶に刻み込まれたのはここ、Sadan Cave

 

 

 

 

 

 

 

けっこうでかい洞窟を裸足で歩きます。かなりでかいです!
ミャンマーのお寺は入る際に靴を脱いで裸足で歩くんですが、これが洞窟の中となると、地面に凹凸がありけっこう足が痛い。
しかも暗いのでまあまあ危ないですよ。ライト必須です。

 

 

 

 

 

 

 

洞窟の中を歩いていると、いたるところに仏像や彫刻された石があります。
凄すぎて空いた口が塞がりませんでした。一緒に回っていたイギリス人2人組も、感動している様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、洞窟をぬけると池があります。ここでボートに乗り、移動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでこのボートに6人くらいで乗ります。6人も乗ったらバランス崩れて、池に落っこちるんじゃ…とか余計な心配をしていたんですが、安全に移動できました。

 

 

 

 

 

 

 

洞窟の下を通っていきます。まるで、アニメの世界に入って冒険をしているかのような感覚でした。

 

 

 

 

 

 

 

ボートから降りた後は小道を通って、入り口に戻ります。

ここが一番楽しかったですね。
他の観光地とはひと味違う景色を体験をすることができます。

waterfallvillage

大きいプールがあります。
そこで、ミャンマー人の子供たちがはしゃいで楽しそうだったので、見てるこっちも楽しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

その情景を見ながら、ツアーが同じの欧米人5人とお昼ご飯。
ミャンマー料理を食べたかったのですが、メニューには予想通り中華料理しかありません。
少し悲しかったですが、焼き飯を注文して美味しくいただきました。

Kyauk Ka Latt

お次は奇岩を楽しめるKyauk Ka Latt。

歩いていると見えてきましたよ!

 

 

 

 

 

 

 

途中まで岩を登ると、偉いんであろうお坊さんがいます。「こんなところになんでいるんだろう?」とか思いましたが、おそらくこの岩もミャンマー人にとって信仰の対象なんでしょうね。

んで、残念ながら岩の一番上までは登れません、とお坊さんに言われました。
、お坊さんがいるところの裏に道がありそこからハシゴが岩の頂上までかかっていました。なので、実は頂上に登ることは可能なのですが、どうやら観光客には登らせてくれないみたいです。
登りたかったな…

Kawt Gone Cave

そんで次は、Kawt Gone cave。
ここの洞窟の岩には彫り物がされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、仏像もたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bat Cave

最後はパアン観光の目玉Bat Caveです。Batはコウモリのこと。映画バットマンのバットです。

事前情報によると、洞窟から大量のコウモリが出るのを見ることができるらしい。

なんだその気味悪そうなのはw
と思ってたんですが、意外や意外けっこうすごかったですよ。

午後5時半ごろになると日が落ち辺りが暗くなってきました。
観光客がたくさん洞窟の前でカメラを準備。もちろん僕もスタンバイ。
そして、午後6時ごろにお坊さんが太鼓をドーンドーンと鳴らし始めます。

写真の右側の山の部分に洞窟があります

 

 

 

 

 

 

 

!!

キィーキィーキィーキィー!

その瞬間大量のコウモリが洞窟から出てきました。
コウモリの群れが列をなして移動していてる姿は圧巻でしたね。
すげーーってかんじです。
一生分のコウモリを見ました。

ちなみに、周りが暗すぎてコウモリが出てくる瞬間の写真はうまく撮れませんでしたw
なので、ミャンマーに行かれた際にご自身の目で確認してください!

ミャンマーに行かれる方はぜひパアン へ!

ミャンマーに行くことは決めたけど、どこを観光しようか迷ってる方。
パアンはいいですよ。目が合うとかならず微笑み返してくれましたし。そして、特にパアンの人は観光客慣れしてないので、自然な優しさを感じました。

そして、他の都市とは異なる雰囲気のお寺や仏像を見ることができます。自然豊かで景色も最高です。
ミャンマーの他の観光地に飽きた方はぜひパアンへ!

そして、パアンのホテルやゲストハウスはAgoda.comで探すのが安くていいですよ。
Agodaに載っていない宿もあるので、ググって宿を探すのもありですね。ちなみに、今回僕が泊まったThan Lwin Pharは載ってないです笑

日本人には馴染みのない町なので、バガンやインレー湖のような定番以外を観光したい人には超おすすめです。
少し人と違うところに行きたいと考えてる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*