直木賞受賞作。恩田陸「蜜蜂と遠雷」の圧倒的な描写力に言葉が出なかった

スポンサーリンク


こんにちは。ふみです。

2016年の直木賞、本屋大賞をW受賞した、恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」を読みました。
僕は、中学生の頃に恩田陸さんの「七番目の小夜子」・「夜のピクニック」などを読んだことがあって、とてもおもしろかったので今回の作品は読む前からとても楽しみでした。
読んだ感想を簡単に言うと、描写力すごい

そして、時間を忘れるくらい一気に読んでました。
本当におすすめしたい作品です。

 

 

 

「蜜蜂と遠雷」のあらすじ

Amzaonの紹介文です。

 

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

 

4人のピアニストたちがコンクールに出場し、他人とのかかわり合いの中で自分のピアノ演奏と向き合い、優勝を目指すという内容。
内容はとてもシンプルなのですが、登場する4人のピアニストのバックグラウンドが全く異なります。
なので、行動や発言そして演奏もそれぞれの感性が出ていてとても読み応えがあり、ピアニスト一人一人に心が動かされました。

 

「蜜蜂と遠雷」の感想

筆者の臨場感あふれる描写に心が踊る

なんといっても、筆者の描写力でしょう。
音楽という言葉ではとても表現しにくいものが、臨場感あふれる文章で書かれています。
そして、それぞれの演奏シーンがはっきりとイメージできるのです。

下記は、ピアニストのひとり風間塵の演奏シーン。

 

喉はカラカラで、呼吸すらも憚られる。そして、また風景は変わった。
「版画」、三曲目の「雨の庭」。
突然、ふうっと気温が下がった。
それまで客席を照らし出していた茜色の光は消え、肌寒いフランスへと運ばれたのである。
雨もよいの庭、木々の生い茂る、午後の庭へと。
空は俄かに暗くなり、湿った風が吹き始めたと思ったら、ポツポツと雨が振り始めた。
やがて、風は強くなり、気まぐれに木々を揺らし、雨が木の葉を、花を叩き、何度もうなだれさせお辞儀をさせる。
子どもたちは雨を避けて走り出す。犬も一緒だ。ああ。雨が降っている。
観客は呆けたように舞台を見上げ、雨が叩きつける庭を眺めている。
小さな水たまりができる。
軒下から雫が滴っている。

 

観客席で演奏を聞いているかのような気分にさせてくれます。
そして、文章だけで情景が思い浮かびました。
知らない間に、曲と演奏者が作り上げた世界観に引き込まれてしまいます。

 

“才能”について考える

4人のピアニストは、それぞれバックグラウンドは違うものの、みながいわゆる”才能”をもった天才です。

風間塵の天真爛漫な性格から繰り出される迫力ある演奏、栄伝亜夜の過去の後悔を乗り越え完成した天才的な表現力、高島明石の長年の努力が結果に繋がったときの喜び、マサルの知性を兼ね備えた上品さ

すべてが恩田陸さんの圧倒的な描写力で読者に打ち寄せてきます。

“才能”があることによる、4人の葛藤、自信、コンプレックスなどの感情を体験することができます。
そして、その”才能”がぶつかりあい、最後だれが優勝するのかとても見ものです。

 

「蜜蜂と遠雷」は絶対読むべし

ピアノのことが全くわからない、僕でも楽しむことができました。
コンサートで4人の天才たちの音楽を聞いて、拍手し涙し感動するそんな状況です。

さすが恩田陸さん。久しぶりに小説を読んで物思いにふけました。
本当にすばらしい小説。

仕事に忙殺されて、最近何一つ感動してないな、楽しんでないな
という方は絶対読むべきです。

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*