【大学では教えてくれない】お金のない新卒・社会人1年目の節約術

スポンサーリンク


まもなく4月が終わりますね。新社会人の方は仕事にも慣れてきたころでしょう。

華金、初めの一人暮らしなど楽しめていますか。大学生のころよりもお金を持つようになり、毎日自分の好きなことにお金を使えて楽しいはず。

 

けど、ですよ

 

意外とお金ないなーなんてことありませんか。「あれおかしいな?」、「こんなに使ったっけ?」って思う人も多いでしょう。こう思うのも無理はないと思います。

だって大学生時代仕送りをもらったり実家暮らししてたら普通わかりませんよ。

 

そんな新卒・社会人1年目の方に、普段僕が実践しているお金の節約術を紹介していきます。

僕も浪費家でぜんぜん節約できないヒトだったんですが、ここ1年間お金の使い方を徹底してかなりの倹約家になりました。

 

一番のポイントは固定費を下げるということです。

具体的にはスマホ代、ネット代、家賃などに当たります。

大学に通っているだけでは、こんなこと教えてくれません。そして、こんなこと会社の同期も先輩も教えないです。

社会人はお金がないので、これらを実践するだけで月のお金が1万円は浮くと思います。1万円浮くと自分の好きなことにお金が使えるし貯金できますよ。

 

そして、最も大きいのが精神的に安定すること。毎月の給料日前に、「お金ない、、、オワタ、、」なんて不安になることがなくなります。

気持ちに余裕があるとどんどん新しいことにチャレンジできますよ。

 

では、僕が実践する節約術を書いていきましょう!

 

【スマホ代】キャリアと契約を断って格安simを使う/固定費編①

結論から言うとlineモバイルの格安simを使ってください。節約するにはこれが一番簡単です。

僕は毎月のスマホ代が1600円です。「やすっ!!」って思ったあなた、もう一度言いますが、すぐに格安simに変えてください。

 

そもそも格安simとは何なのか?

docomo・ソフトバンク・auいわゆるキャリア以外の会社と契約して、スマホでネットを使えるようになるsimカードのことです。
※simカードとは、電話やネットを使えるようにするためにスマホに挿入する小さなカードのこと。

 

キャリアの毎月金額が約6000〜7000円なところ、格安simは毎月2000円で使えます。

なんで、格安simを使ってない方は月5000円以上損してることになるんですよ。

 

そして、年間で考えると

5000×12=60,000

1年で6万円も損していることになるんです。6万ってけっこう大きいですよ。

 

6万あれば本を買ったりなど自己投資によりお金を使えるようになりますよね。投資信託や株に投資してマネーリテラシーを勉強してもいいですし。

 

ではでは、一番オススメのlineモバイルの特徴はというと。

lineモバイルのメリットは主に3つ。

●SNSの通信量がカウントされない。

●ID検索ができる

●LINEアプリと連携できる

特に新卒・社会人1年目の方はSNSを使用する時間が長いと思うので、SNSの通信料がカウントされないのは超メリットかなと。

 

 

ちなみに僕は3GBで契約してて、毎月通信料がけっこう余ってますね。

モバイルWi-Fiを使っているというのもあるので、そのへんはこの後書きますね。

LINEモバイルでは2000円相当のLINEポイントプレゼントなどのキャンペーンを時々しているので、チェックしてみてください。

>LINEモバイル

 

【インタネット代】固定回線をやめてポケットwifiを使う/固定費編②

 

家でインターネットを使うとなると2通りのパターンがあると思います。

・固定回線

・ポケットWi-Fi

どちらを使うか迷う人もいるでしょう。

 

結論からいうと、ポケットWiFiを使いましょう。

 

固定回線の方が安い場合もあるんですが、固定回線は色々と不便です。

 

・家でしかネットに繋ぐことができない。

・ネット回線の工事が面倒

 

これらのデメリットをポケットWi-Fiなら解決できます。

 

ポケットwifiのメリット

・ポケットwifiでスマホも使える

・WiFiのないカフェで仕事をするときに使える

・使い放題なので速度制限を気にせず使える

 

ポケットWi-Fiでスマホのインターネットも使えるので、通信費トータルで考えると格安SiMとポケットWi-Fiの組み合わせが一番安いかなと。

そして、僕がおすすめするのはbroadwimaxです。
現在(2018/4/28)で業界最安値になっています。

>【BroadWiMAX】業界最安値2,726円!

 

【部屋代】家賃を下げる/固定費編③

はい。当たり前ですが家賃を下げましょう。

見栄をはるために良い部屋に住もうとする人いるんですけど、家賃高いとお金貯まらないですよ。これから一人暮らしを始める方は、家選びは慎重に。

そして、家賃を下げて狭い部屋でも暮らせるようになるためには、モノを減らすことですかね。

モノを減らすポイントは以下に書いたので参照してみてください。

>こんまり流片付けを実践してみた

 

【食費】自炊をする/変動費①

自炊をしましょう。そして、外食はなるべく控えめに。

外食って一回一回はそんなにお金がかかってるように見えないんですけど、月単位で見るとけっこうかかってるんですよね。

 

だからといって、全く外食をしないなんてルールを作るのはダメですよ。

絶対続かないので。週1は外食するとか多少は楽しみを作っておいたほうがいいです。たまには美味しいもの食べてリフレッシュしましょ。

 

例えば、僕は週1回は安いけど美味しい定食屋に行く、月1,2回はラーメンに行くと決めてます。

自炊するの面倒とか思う人もいると思うんですが、慣れたら意外とそんなに時間かからないですよ。ポイントは自炊に便利なグッズを買うことです。

 

【交通費】住んでる街で全てを完結させる/変動費②

交通費も節約できますね。

ポイントは、住んでる街で全てを完結させるということ。

例えば、服を買いに行くのに毎回電車乗ってたら、お金も時間も取られますよね。

僕は住んでる街にユニクロ、guなどがあるのでとても助かってます。

【書籍代】本屋で立ち読みする/変動費③

本を読むのはめちゃくちゃいいことです。けど本を買いすぎると、本代にお金がかかってしまいますよね。

 

その本代ケチりましょう。

 

本代をケチるのは嫌だなって気持ちめちゃくちゃ分かります。けど現実的に、新卒・社会人1年目はお金がないんですよね。

お金を稼げるようになったら、大人買いすればいいじゃないですか。

なんで、僕のおすすめは本屋で立ち読みをすること。

 

立ち読みのメリットは主に2つあって

・買うべき本と買わない本の見極めができる

・ずっと立っているのは疲れるので、大事なことだけをピックアップするようになる

 

例えば睡眠効率を上げたいと思ったとします。そんなとき、睡眠ノウハウの載った本を読もうと思いますよね。

けど、わざわざ買う必要があるんでしょうか。

 

本屋で立ち読みしてその場でノウハウだけ覚えて本屋出てメモするなりすればいいじゃないですか。

もしくは、Googleで検索すればその本の睡眠ノウハウをまとめた記事なんていくらでも出てきますよ。

 

僕は、何度も読み返したいなと思う本だけをAmazonの中古で買ってます。

本屋の立ち読みについては、以前まとめたので以下の記事を参照してください。

>読書効率が3倍上がる!本屋での立ち読みがコスパよくて超おすすめ!

 

【服代】ファストファッションブランドの服を買う/変動費④

見栄をはるのやめましょ。つまり、高級品やブランド品なんて買う必要ないんですよ。これは決してオシャレをするなと言ってるわけではないです。

 

ファストファッションブランドでも、オシャレは簡単です。

guとユニクロで最低限のおしゃれはできるんでね。ユニクロは気持ち高いので、僕のオススメはGUですかね。

 

gu、ユニクロでオシャレになりたいなら以下のカリスマファッションブロガーMBさんの本がおすすめ。

ファッションセンスゼロだった僕も、たまににおしゃれだねなんて言われるようになりました。

 

【電気代】アンペア数を下げる/番外編

これはあまりおすすめしませんが、電気のアンペア数を下げると電気料金が下がりますよ。

一人暮らしの場合、東京電力の基本プランだと20Aに設定されているので、10Aや15Aに下げたら電気代が安くなります。

なぜ、おすすめしないかというと、ブレーカーが落ちやすくなるので普通にめんどうです笑

ちなみに、僕もしてません。

お金のない新卒・社会人1年目は節約必須ですよ!

新社会人の人は、新しい生活が始まりしんどいことばかりだと思います。そして、さらに節約に意識を向けろなんて難しい話。

けど、ここでお金を節約できるかどうかで人生変わると思いますよ。

 

最後に、重要度でやるべきことを並べると

1.固定費を下げる

2.変動費を下げる

 

なんで、まずは固定費を下げることから徹底してくださいね!

ではでは!

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*