結果を出す人こそ過程を大切にしている

スポンサーリンク


こんにちは。ふみです。

僕は継続するのが決して得意ではありません。
なんでかというと、結果が出ないとすぐ萎えてしまうから。
結果が出ないのに続ける意味あるのか?とかムダに色々考えて続かなーいやつです。

こういう人って僕に限らず多いと思うんです。続けることができない人。
でも、結果を出すためには、継続することが超重要であることはまぎれもない事実。
実際、成果を残している人は継続していると思います。

 

 

では、継続できるようになるためには何をすればいいんでしょうか?
習慣にするってのがよくある答えだと思います。
一方で、続けるためにはどういう意識を持てばいいのでしょうか?
僕は過程を楽しむことだと思います。そう、プロセス。

結果を出すためには習慣化と、過程を楽しむことが必須です。

この記事では過程を楽しむということについて書いていきたいと思います。

 

なぜ過程を楽しめないのか?

過程を楽しめない人はなぜそうなんでしょうか?

 

それは正解が既にあると思い込んでいるからだと思います。

答えは自分の頭を使ってひねり出すものであるはずなのに、

あたかも他人が正解を用意しているかのように勘違いしている。

自分で考えて答えを作るというのに慣れていないから、過程を楽しめない。

 

正解を探してしまう思考は学校教育のせいだ

正解を探してしまう思考になってしまうのは、

日本の学校教育のせいだと考えます。

評価をつけやすいように偏差値という基準を用いて、

テストの◯か☓だけでその人の思考を測ろうとしている。

 

学校の教育は、与えられたものを考えるだけなので、

そうではなく自ら生産活動を行うことで答えを作ろうという思考になるのではないかな。

そして、その思考が当たり前になることで、過程を楽しめるようになる。

 

過程を楽しむことこそが結果に繋がる

過程を楽しむことこそが結果に繋がる。

そして、その過程を楽しめるようになるためには、生産活動を習慣化することだと思います。ビジネス体力と言ってもいいかもしれません。

過程を楽しむというと、遠回りしているかのように多少聞こえますが、

でもその過程の思考量がいずれ結果を出すのに直結するはずです。

逆説的かもしれないですが、結果を出すには過程を楽しんでください。

 

ではでは!

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*