筋トレをして良かったことを考えてみる

スポンサーリンク


こんにちは。ふみです。

筋トレを初めて約半年。

最近よく「マッチョだね」と言われるようになってきました笑

素直に嬉しい。これからも筋トレに真剣に取り組もうと思います。

 

筋トレをしてよかったなって思うことがいくつかあったのでまとめます。

 

 

自分に自信がつく

筋トレの1番いいところは何と言ってもこれ。

自分に自信が持てるようになる。

また、相手から見ると、姿勢が良くなるので自信がある人に見えると思う。

 

筋トレしたからといって、

特別仕事ができるようになったり、異性からモテるようになったりするわけではない。

しかし、このマインド面での変化はとても大きいと思う。

 

今の自分ではできそうにない物事に対しても、

「いつかはできるようになるだろう」

という本当に根拠のない自信が生まれる。

 

全く論理的でない説明になってしまいましたが、

人間の心なので理屈だけで説明するのは難しい。

しかし、これは筋トレをしている人なら、みんな共感してくれるに違いない。

にわかに信じがたい人は、今すぐ筋トレを始めましょう。

ダンベルは裏切りません。

 

実際に僕は3ヶ月で9kg増やすことが出来ました。

>【誰でもマッチョになれる!】3ヶ月間で9kg太った食事

 

規則正しい生活を送れる

毎朝or毎晩にジムの時間を確保するために、毎日の生活リズムが安定します。

適度な運動は、集中力が上がるのでビジネスパーソンにもおすすめ。

さらに、筋トレに時間を取られるので、

他の時間の生産性を上げようという意識が生まれます。

 

特に朝起きるのが苦手な人は、朝に何かを習慣化するのがおすすめ。

朝やることが明確だと、絶対起きれるので。

習慣化に関しては以下の記事で書いてます。僕もこのやり方で筋トレを習慣にすることができました。

>【エネルギー量低い人向け】三日坊主でも絶対変われる習慣化のやり方

 

 

僕は筋トレを始める前と始めた後では、

時間の使い方が変わったので、1日の充実度もかなり良くなりました。

 

外人と簡単に仲良くなれる

外国人と簡単に仲良くなれます。

会って1言目で「マッチョだね!」と言っておけば、

相手も笑顔になり、そこから会話を続けることができます。

 

日本人はフィットネス文化があまりないですが、

外国人、特に欧米系の人はフィットネス文化が根づいています。

なので、欧米系の人はマッチョな人がとても多いです。

 

外国人の友達を作りたいとか、英語を上達したいと思っても、

自分から外国人に話しかけるのは恥ずかしいもの。

けれど、筋トレという共通の話題があると、話しかけるときのハードルが一気に低くなるような気がします。

 

実際に僕は外国人の友だちが増えて、けっこう楽しいです。

英語を喋る機会もできますしね。

 

筋トレは人生を変える!

ざっと筋トレのメリットを紹介しました。

筋トレは、体育会系の人がやるものだというイメージを持っている人もいるかと思いますが

全然そんなことはありません。

もっと一般的に筋トレをする人が増えればいいのになと思うばかりです。

 

筋トレをすると自信がつくという話は、

もっと深掘りして別の記事にでも書こうかなと思います。

 

では、ジムに行ってきます。

「筋トレするぞ!」って思った方は、まずプロテインからですよ。

以下の記事でプロテインについて書いてます。

>【筋トレ初心者向け】おすすめのプロテインを教えます!

 

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*