頭が良いとは何なのか考えてみた

スポンサーリンク


こんにちは!
高校までは学歴が一番だと思ってたトノです。
でも、今はそんなこと全く思っていません。
なぜかというと、頭が良いのと学歴は関係ないなと思ったからです。

 

では、頭がいい人とはどういった人のことを指すんでしょうか?
たくさんの人に会ってきましたが、共通する点があるなと感じました。
普段の生活でこういった思考をし続けられたら
いわゆる「頭が良い人」になれるような気がします。

1,論理的に考えられる

ロジカルシンキングってやつですね。
就活をして、自分が全然ロジカルに物事を考えられていないんだなって痛感しました。
理系だからロジカルシンキング得意でしょとか思ってたけど、
そんなに関係ないみたいです笑

そもそも論理とは、相手を納得させるための話の道筋のことです。
例えば
雲が多い→雨が降るかもしれない
この話の筋には納得できますよね。
一方で
雲が多い→この後快晴になるだろう
これはどうですか、納得できませんよね。

現実世界はもっと複雑なので、論理も複雑になります。
普段人と話していても、矛盾していたり話が飛んだりして意外と論理的に考えるってみんなできていないんだなって印象です。
しかし、頭がいい人はこれができてるんですよね。
どうやったら、論理的に考えられるようになるのでしょうか?
それは、概念を使って構造的に物事を考えられるかどうかです。

2,概念で物事を考えられる

論理的に考えるには、概念で物事を考えるのが非常に大切です。
もう一度言います、概念です。

具体的に言うと、
原因・結果、抽象・具体、目的・手段など。
物質としてはこの世にはないけど、文脈の中で意味づけられるのが概念です。

なぜ、概念を知っていると論理的になれるかというと
暗記せずに自分で考える習慣ができるからだと思います。

勉強の話に戻ると、勉強は暗記要素が強いので
暗記に頼って勉強をしてきた人はロジカルシンキングが得意ではないでしょう。
一方で、暗記ではなく、考えて勉強してきた人はロジカルシンキングができているはずです。
暗記しない人は、自然と概念を使って要領よく覚えているような気がします。

特に仕事だと、抽象と具体の行き来、目的と手段を分けることが大事です。
「新規事業を立ち上げたい」
事業領域は?事業を立ち上げる基準は?どういった人がアサインされるのか?
「お金持ちになりたい」
お金を持った後は?何にお金を使うの?

などなど
自分の発言を抽象・具体、目的・手段で常に深ぼっていくと
論理的思考能力が高まるはずです。

3,思考スピードが早い

話すスピードが早いのも、頭がいい人の特徴としてあります。
僕はまだできませんが、今話してる・書いてる内容の次の内容を頭に思い浮かべているんだと思います。
だから、途切れることなく話したり・書いたりできるのだと思います。

これは訓練あるのみですね。
ちなみに、僕は外資コンサルタントマッキンゼー出身の赤羽さんがオススメされてるメモ書きというので訓練しています。

常に意識しよう

論理的になるにはどうすればいいのか分かりましたが、すぐになれるわけではありません。
人と話す時、文章を書く時常に論理的かどうか考えるようにしましょう。

まずは習慣化することが一歩目ですね。
論理的に考えることが当たり前のようになったら、仕事でも強いと思いますよ。
僕も色々挑戦中なので、またブログに書いていきます。

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*