言葉と感情を、大切にできる人間になりたい

スポンサーリンク


こんにちは!
ここ2ヶ月で体重が7kg増えたとのです。
最近筋トレにハマっていて、筋肉量増やすために、食べまくってます笑

筋トレめちゃくちゃ楽しいんですよね。
毎日自分は成長しているって思えるし、運動後の仕事にはかなり集中できるのでいい感じです。
2017年中に、筋トレの重要種目であるBIG3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)でそれぞれ100kgを目指したいと思います!
また筋トレに関する記事も書いていきますね!

もっと言葉と感情を大切にするべき

筋トレもそうなんですが、僕けっこう一人でやるのを好むんですよね。
スポーツもテニス(個人戦)をやってたし、勉強も一人でやるものだし。
だから、今までコミュニケーション力を磨いていこうとかほとんど思ったことなかったんです。
でも、これってまずいなって思ったわけで。。
就活や仕事のときに、相手の話を正確に聞いたり、自分の話したいことを正確に伝えたり、熱意を伝えたりするのがとても大事なことだと分かったからです。
人と話す時に擬音語・擬態語や意味も知らない言葉を、考えずに使っちゃう。

 

最近は、結論から話すとか、感情を込めて伝えるとか意識してやってますが。
まだまだ、自分の理想とはほど遠いですね。
ロジカルな伝え方は訓練すれば、いずれできるようになるとして、
磨いていきたいのが感情の部分。

 

聞き手の鳥肌が立つような、自分の話に釘付けになるような話し方ができるようになりたい。なりたい。
そう思ってます。

 

そうなるためには、普段から自分の感情と真剣に向き合う必要があるでしょう。僕はどっちかっていうと理性的な部分が強い人間です。
だから、感情の部分を強くするために、他人の批判とかに振り回されることなく、もっと自由に自分のやりたいことを意思決定したい。

 

感情を大切にして、それを元に自分のやりたいことを実現していけば、発言一つ一つに感情がこもるはずです。
感情込めて話せる人って、一緒にいて楽しいんですよね。ロジックや筋の通らない理屈を使って行動できない人より、僕は感情で動いてそれを熱く言葉にできる人になりたいと思います。

 

 

さいごに

人間的魅力を上げるにはどうしたらいいんだろうか?

そんなこと考えていましたが、この問いの答えの1つが言葉と感情です。

人間的魅力って、テストの点数とか、こういったスキルがあるとか定量的で図れるものではなくて、

こういう定性的で感覚的なことで図れるものだと思っています。

 

実は、筋トレも「かっこよくなりたい!!」っていう感情的なとこから始めました。

他のことにも、もっとロジカルな理由ではなく感情で取り組めるようになりたいですね。

 

やりたいことはたくさんあるので、色々たくらんでいます。

 

ちなみに伝え方についてはこの本が参考になります。

↓↓↓

Pocket
Facebook にシェア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*